ウェポンストーリー

 
最終更新日時:

剣:sword

《LV1》
生まれた時から何も無かった。
だからゼロの名を持たされた。
《LV2》
自分が生きている価値を見いだせなかった。
祈る神がいるのであれば、殺す気でいた。
《LV3》
命を奪う時も何も感じなかった。
罪とか罰とか考える気にすらならなかった。
《LV4》
私は子供のように待ち望んでいた。
この命が奪われる、その瞬間を。
  • 千年樹の歌声?
《LV1》
旅のお方、この村に来たのならあの歌を聞いていくといいよ。
気のいいオカミと気立ても見た目も良い娘が出迎えてくれるさ。
料理も酒もなかなかのもんだ。
《LV2》
旅のお方、あの店で一番素晴らしいのは娘の歌さ。
娘の歌声を聞けば世の中にある嫌なことを忘れられる。
娘はもう一人いるんだけどね、二人の歌を聞けたら本望さ。
《LV3》
おや、旅のお方、随分と久しぶりじゃないか。
またあの娘達に会って来たのかい?
あんたも好きだねえ、もう何十年と前の話じゃないか。
《LV4》
旅のお方、あの店の娘達の姿が変わらないのが不思議なのかい?
あれは娘達が産んだ子供が成長したのさ、分かるだろう……?
そうに決まっている、何十年と変わらないなんてありえないさ。
  • 断罪の咆哮?
《LV1》
彼は罪を犯した。
続く飢饉に増加の一途をたどる徴税、行方をくらました両親。
やせ衰え行く弟妹達のために彼は罪を犯した。
《LV2》
彼は手に入れたパンと牛乳を5人の弟妹に分け与えた。
幼い弟妹に全て与え、彼はパンも牛乳も一切口にしなかった。
少しでも味わいたいとずっと咀嚼し続ける弟妹を眺めていた。
《LV3》
彼は罪を犯した。
やがて彼が豪商からパンと牛乳を盗んだことが露見したが、
断罪されたのは盗んだものを口にした幼い弟妹達だった。
《LV4》
幼い弟妹達は首と胴が汚く分断され路上に転がっていた。
鞭打たれた体で一命を取り留めた彼は、アバラが浮き上がる
弟妹のやせ衰えた体を眺め、やがて声なき声をあげたのだった。
  • 高潔なる飾剣?
《LV1》
私が仕える王子が守るべき国は、彼が王になる前に
それはひどい戦争で滅びてしまいました。
あろうことか裏切り者がいたのです。
《LV2》
私が仕えた王子は健やかに成長し、強く美しい青年となりました。
再び国を再興すべく決起し、見事目的を果たし王となったのです。
それはもう素晴らしい国でした。
《LV3》
けれどその国も既に滅びて地図にも載っておりません。
王も国が亡びる時に逝ってしまわれました。
《LV4》
こちらがあの方が生涯手放さなかった形見の飾剣でございます。
ああ、王が終ぞ私を疑う事なく逝ってしまわれたのが心残りです。
どこにでもある他愛のないお話でございます、お恥ずかしい。
  • 雷王?
《LV1》
むかしむかし、荒廃した大地に雷鳴轟く荒れた空が続く、まるで
地獄のような領地がありました。領主は次々と変わり、領民は
飢えと天からの落雷に命を落とし続けていました。
《LV2》
ある日若き勇猛な領主が現れ、この地を開拓し豊かな土地に
すると誓いをたてました。領民はみな疲れ切っていたのです。
若き領主を誰も信じず、あざ笑う者さえいました。
《LV3》
若き領主は鍛冶屋に白銀の剣を作らせ、処女の娘達に
三日三晩祈りを捧げさせると、雷鳴と吹き荒ぶ嵐の中、
小高い丘で剣を掲げ地面に突き刺しました。
《LV4》
轟音と雷光が続く嵐の晩の翌朝、初めてその地は晴れました。
小高い丘に領主の姿はなく、一本の果物の木が生えていました。
白銀の剣を幹に包み込んだ木は、時々ごろごろと鳴るそうです。
  • 処女の咎?
《LV1》
昔々、ある所に仲の良い三人の少女がいました。
政略結婚が当然で、女性が自由に生きるのは難しい時代でした。
けれど三人の少女は、「共に純潔を守りましょう」と誓いました。
《LV2》
少女の一人は豊かな金髪の華やかで美しい娘でした。
彼女は長い髪を切り、亡き兄の代わりに隊を率いて戦地に赴き
信頼する従者の男に背を預け立派に戦い、戦死を遂げました。
《LV3》
少女の一人は黒髪の涼やかで麗しい娘でした。
本を愛した彼女は貧しい家の青年と想いを交わすもどうあっても
報われぬと知り、二人で海に身を投げ入れ戻らぬ人となりました。
《LV4》
最後の一人は、亜麻色の髪をした愛らしい娘でした。
他の二人がとうに誓いを破り純潔を失っていたなど露知らず
死するまで頑なに純潔を守り通し、1人で老いて病死しました。
  • 聖徒の煉獄?
《LV1》
村に宣教師がやってきた。はじめは胡散臭がっていた村人達も
宣教師の素直な物言いと素敵な笑顔に安心し、彼を村に招き入れる。
やがて心を許した村人達は、宣教師にあるお願いをした。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 偽りの契約?
《LV1》
ある村に嘘ばかりつく男がいた。
振るえもしない剣を腰からぶら下げ魔物を倒すと吹聴していたが、
嘘ばかりの男にやがて村人の誰も信用しなくなっていった。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 血瞑刀?
《LV1》
私の体は月に一度決まって血を流すのでとても汚い。
他の人より体は細く、力もなく、歪に歪んで脆く醜い。
他の人と違う私を、他の人達はとても乱暴に扱う。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
《LV1》
鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄
鉄の塊は鍛え上げられる。堅さこそ戦場での強さだったから。
鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄鉄

《LV2》
殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺
鉄の塊は殺しまくる。それが彼の存在する意味だったから。
殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺

《LV3》
肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉
鉄の塊は命を奪う。そうすれば願いが叶うと思っていたから。
肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉

《LV4》
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血
鉄の塊は血の涙を流す。もう人には戻れない事を知ったから。
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血


  • 聖女の焔?
《LV1》
美しくは佇まい。
歪むのはいつだって、見えない心。
《LV2》
願うは人々の幸福。
蔑むのはいつだって、数多の虫。
《LV3》

《LV4》
  • 月光と闇?
《LV1》
大理石でできた剣は鍛冶屋の熱き魂を受け継いでいた。
戦に猛り、血に飢え、闘いを渇望する者に振るわれる事を
心の底から待っていた。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 天翔る蒼雷?
《LV1》
森の奥深く泉のほとり。
ある日少年は、足にケガをした蒼い目の白馬と出会った。
少年は毎日白馬の元に通い、足の治療を続けた。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 謀略と背徳?
《LV1》
いやだなあ。まさか、このくらいの剣を使いこなせない……
なんて事はないですよね?だって恥ずかしすぎますよおぉお?
何せ私ですら軽々と操れるような簡単な剣ですから。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 少女の雫?
《LV1》
白い石が隙間なく高く積み上げられた古い塔がありました。
その塔の中に、一人の少女が暮らしていました。
世話役が誰も話しかけないので、少女は言葉を知りません。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 聖帝の牙?
《LV1》
溢れる緑の息吹は全ての土地に祝福を与え、
輝ける蒼の清流は全ての生命に恩恵を与える。
そこは花が咲き、小鳥囀る、命に満ちた約束の地。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • カイムの剣?
《LV1》
不器用な王子だった。
恋愛も政治も苦手だった。人関わる事が苦手だった。
裏庭で剣の素振りをする事だけが王子にとっての安息の場だった。
《LV2》
毎日の素振りが百回を越えた頃、王子は自らに力がついてくる
事を感じた。力は自信となり、不安を吹き飛ばしてくれた。
王子は剣術の道へとのめり込んでいった。
《LV3》
毎日の素振りが千回を越えた頃、政治と謀略の苦悩を忘れる事が
出来た。権力と金はいつも嘘と裏切りを運んでいたが、剣は嘘を
つく事も裏切る事もなかった。
《LV4》
毎日の素振りが一万回を越えた時、全ての苦悩から解放された。
何もかも剣にゆだねれば楽になれる。そう感じられた。
剣に逃げ込んでいる自らの姿に、王子が気付く事は無かった。
  • カイネの剣?
《LV1》
女は二度失った。
最初は大切な祖母を。
二度目は、大切な友を。
《LV2》
女は殺した。
彼女から大切なモノを奪った敵を。
彼女に復讐の呪いをかけた敵を。
《LV3》
女は失った。
復讐の為に戦う意味を見失っていた。
殺戮の中で生きる意味を見失っていた。
《LV4》
女は夢を見た。
暗い洞窟の中。
いつか訪れる死の先で、大切な人に会える夢を。
  • ニーアの剣?
《LV1》
あっ。だめだヨナ。座って食べなさい。
走り回ったらせっかく焼いたパイがこぼれるだろ。
ほら、言った先からポロポロポロポロと。
《LV2》
エミールも座るんだ。何クローゼットを漁っているんだ。
さっさとスープを片付けてくれ。
そこに入っているのは俺とヨナの下着だけだ。
《LV3》
カイネはどこ行ったんだ? え? 食べたりなくて食材探し?
さっき渡した豚の丸焼きはどうしたんだ?
は? もう食った?
《LV4》
まどろむ夢の中。
失われた自分と、失われた世界と、失われた人達を想う。
もう手に入らない、あの幸せの光を。
  • フリアエの短剣?
《LV1》
お兄様を困らせてはいけない。
剣術の稽古にお忙しいのだから、遊んで欲しいなどという
私のわがままに付き合わせてはいけない。
《LV2》
お兄様を困らせてはいけない。
政治のあれこれにお忙しいのだから、お話をしたいなどという
私の贅沢に付き合わせてはいけない。
《LV3》
お兄様を困らせてはいけない。
他の国と戦う事でお忙しいのだから、悩みを聞いて欲しいという
私の苦労に付き合わせてはいけない。
《LV4》
お兄様を困らせてはいけない。
この胸の中に秘められた黒く淫らな想いを悟られてはいけない。
そんな姿を見られたのなら、命を絶たなければいけないから。

槍:spear

  • 歪なる飢餓?
《LV1》
醜いモノが嫌いだ。
臭い息を吐く化物、欲望に汚れた大人も嫌いだ。
何故あんな状態で生きていられるのだろう?
《LV2》
正しい事なんて吐き気がする。
格好付けた正義感はおぞましい。他人に対する友愛なんて嘘だ。
何故こんなおぞましい国でみんな生きていけるのだろう?
《LV3》
命は醜い。
人間は愚かしい。
何故こんな世界になってしまったのだろう?
《LV4》
腐った果実は美味しい。
腐った肉体は美しい。
何故そんな単純な事に誰も気付かないんだろう?
  • 友愛の槍?
《LV1》
貧しい国に黒と白の甲冑を着た二人の騎士がいた。彼らは幼き頃に
交わした「この国を豊かにしよう」という約束を胸に、切磋琢磨
し、戦地を駆け廻り、時折杯を交わしては夢を語り合った。
《LV2》
しかしながら二人の騎士の思想は徐々に異なっていく。
傲慢な王に苦言を呈す黒騎士、王国のためにと忠誠を誓う白騎士。
旧知の仲とは思えぬ程に、不思議と彼らは相反していった。
《LV3》
ある時、王の圧政に反発をした一部の騎士による反乱が起きた。
その先頭に立つは黒騎士、そしてそれを迎え討つは奇しくもかの
白騎士である。そして白騎士は黒騎士を討ち、後に将軍となった。
《LV4》
  • 雷姫?
《LV1》
船の墓場と呼ばれている嵐が荒ぶ海峡があった。航海もまま
ならず、海峡に程近い島に住まう人々の公益も不安定であった。
何日も落雷と暴風が続き、とうとう島の物資も不足が出始める。
《LV2》
島の人々は話し合い海神に供物を捧げようと決めた。
一体誰が供物となるか。皆が押し付け合う中、澄んだ声が一つ。
供物に自ら名乗り上げたのは、島の統治者の娘だった。
《LV3》

《LV4》
  • 守護者の宣誓?
《LV1》
誓約:その1
王の為なら全てを捧げる覚悟を持つ事。
たとえ命を捨てようとも正義を成し遂げる事。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 千年樹の嘆き?
《LV1》
おや旅のお方、道に迷われたのかい?大変だったねえ。
ああ、あんたは学者さんか。この村には図書館があるよ。
あんたみたいなお方にはたまらない場所だろう?
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 王位簒奪者の槍?
《LV1》
女は娼婦だった。客をすぐに好きになってしまう娼婦だった。
だが、女が客に結婚を申し出ると客達はすぐに逃げ出した。
女は自分の仕事が疎まれている事すら分からなかった。
《LV2》
ある日、偉そうで不細工な男が女の客としてやってきた。
一通りの行為の後、女は男に結婚を願い出た。
男は涙を流し始めた。彼は誰にも愛されないこの国の王だった。
《LV3》
王と結婚した女はこの国の后となった。そして結婚式の直後
女の前で男は心臓病で突然死んでしまった。
莫大な遺産と王権が女の下に転がり込んできた。
《LV4》
  • 奇術師の杖?
《LV1》
どんな魔法でも治せぬ病に伏せる幼い少女には、秘密がある。
それは夜になると窓から現れる奇術師との楽しくて特別な時間。
一振りの杖を持つ仮面の奇術師は名も明かさず声も発しない。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 血竜の焔?
《LV1》
暇を持て余す程生きた。
繰り返す生と死は滑稽ですらあった。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 堕天の罪業?
《LV1》
研究報告1。近年まで天使召喚は「生命(素体)の内的神性の
発露」と考えられ心理的・宗教的内面の研究に重きが置かれて
いた。しかし最新の研究によって異なる論理が提唱されている。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 夜叉瞑楼?
《LV1》
ある国の末の王子は王位を我が物にしょうという野心があった。
王位継承権のある上の王子は次々と戦で功績を上げ、国民に絶大な
人気もあり、末の王子にとっては邪魔な存在でしかなかった。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 聖帝の涙?
《LV1》
豊穣を約束された土地を巡り幾多の騒乱と屍の山を越えてきた。
其の地を手にした先王の死を看取った若き王は家臣に命を下す。
「約束の地を焼き払う」静かだが凛と響く声だった
《LV2》

《LV3》

《LV4》
《LV1》
それは、ある槍の物語。ある男の手に渡った、ある槍の物語。
男は知らなかった。自身の刻(とき)に終わりが近付いていることを。
槍は知っていた。男の刻に終わりが近付いていることを。

《LV2》
男は愛していた。その槍を振るう度に鳴る儚くも美しい音色を。
そして槍はなき続けた。男に終わりを告げようと。
いつしか男は息絶えた。激しい戦場で愛する槍の音が鳴り響く中。

《LV3》
それは、終わりの物語。ある男の刻が終わった物語。
冷えた肉塊になってしまった男の横で、
槍は568番目の持ち主の死を、ただ静かに嘆き哀しんだ。

《LV4》
槍は次の持ち主を待っている。持ち主の命が失われる終焉の刻に、
再びその美しい音色を鳴らす日を。永遠に続く刻の中で、
幾度となく終わりを見てきた槍は今も待ち続けている。

格闘装具:claw

  • 自虐の悦獄?
《LV1》
なんという事!
おやめください。そのような熱湯に浸けられては大火傷をして
しまうではありませんか!酷すぎる!
《LV2》
ああっ、惨すぎるッ!
そのように固い鉄の棒で打ち据えられては、ただただ捨てられた
犬のような悲鳴を上げるしかありません!!
《LV3》
くっ……!
それはサイズ的に大き過ぎますッ!それでは私が壊れてしまうでは
ありませんか!?想像しただけで私は……もうッ!!
《LV4》
あ、それは無理です。
  • 氷衝の拳?
《LV1》
彼女の瞳を見つめただろうか?
輝く虹を閉じ込めたように潤む瞳は魅惑の輝きを放ち
いとけなくも儚い鎖に囚われ逃れられず後はただ堕ちるだけ。
《LV2》
彼女の肌に触れただろうか。
真白の新雪のようにすべらかな肌は触れると融けるように柔く
二度と手放せずその虜となり心が朽ち果てるのを待つばかり。
《LV3》

《LV4》
《LV1》
岩山の痩(や)せた土地に広がる貧しい村に、敬虔(けいけん)な修道女がいた。
彼女の深く静かな祈りは貧困に喘ぐ村人達の心を癒やしていた。
修道女の祈りは、村人の心に咲く可憐な花のようであった。

《LV2》
ある時、村に謎の奇病が流行し、罹患(りかん)した人々は次第に黒ずむ体に
成す術なく苦しみもがき死に絶えていった。
修道女は祈った。祈り続けた。けれど伝染病は止まらない。

《LV3》
修道女が祈り始めた頃から、奇病で死した体から花が咲き始める。
次々と倒れる中、遺体を苗床(なえどこ)にするかの如く花は咲き続け、
やがて濃厚な花の香りが村一帯を覆い尽くした。

《LV4》
それからどうなったのか、誰も知らない。
だが、村があった場所には今でも
季節を問わず大量の美しい花が咲き続けている。


  • 聖帝の爪?
《LV1》
緑豊かな生命溢れる土地に領土を広げた若い国があった。
けれどそこはかつて壮絶な戦が繰り広げられた呪われた場所。
年老いた家臣達は若く野心溢れる王を口々に諌めた。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 深紅閃針?
《LV1》
とある山に長く伸びた針を体中から生やした魔物がいた。
触れるモノを全て傷つけてしまう魔物は、小さな白い鳥に出会う。
鳥は枝にとまり魔物と会話した。魔物は白い小鳥に触れたかった。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 紺碧の腕?
《LV1》
「歌うよ」「踊るよ」
「冷たい水の中で」「暗い海の底で」
「恋をしたから」「貴男に溺れたから」
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 魔王の焔?
《LV1》
呪詛の言葉は耳を蝕む。
正しさの影に隠れた憎悪は毒を孕む。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 騎兵長の鉄鎧?
《LV1》
はい。私はどんな時代でも王に忠誠を尽くしておりました。
どんなに過酷な戦場でも、どんなに無茶な命令でも、
国家と王の為であればこの身を賭して王を守ってまいりました。
《LV2》

《LV3》

《LV4》

戦輪:chakram

  • 冥府の絶倫?
《LV1》
旅は楽しゅうございますな。特に女性の神秘を探す旅はたまら
ないモノがあります。どのくらいたまらないかといいますと、
ホレ視線を下に向けていただければ全ておわかりになるかと。
《LV2》
二つの山への登山も楽しゅうございますな。柔らかき大地を文
しめながらその山の頂きにあるという小さな果実をほおばるあの
至福。口が二つ無いのが残念でなりませぬ。
《LV3》
母なる丘での休息も楽しゅうございますな。颯爽と草原を駆け
抜ける壮馬のように草の香りを思う存分に味わうのも良し、
裏側にある洞窟の探検に出るのも良しである次第でして。
《LV4》
泉へのハイキングなども楽しゅうございますな。愛すべき泉の
奥深くから溢れ出る滴を汲み取って飲み干せばたちまち私の
武器が大成長を遂げる次第にございますから。
  • 雷霆の旋戟?
《LV1》
少年が走る。閃光とともに鋭い切っ先が軍勢の中を走る。
瞬く間にいくつもの首が落ちて、血しぶきが舞う。
少年はその痩身に似合わぬ大振りの刃を回し、再び走り出す。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 慟哭する円環?
《LV1》
どうして私の魔術を誰も認めない。なぜ私を称賛し、敬わない。
なぜどうしてあいつがあいつがあいつが。
あいつに勝ちたい。勝ちたい。あいつを打ち負かしたい。
《LV2》
あいつがいるから全ての魔術を奪うあいつがいるから
私は正当に評価されないのだ。全てにおいてあいつが悪い。
だからあいつを殺すのは私の責務だ。人間の糧だ。正義だ。
《LV3》
禍々しく歪んだ刃紋は呪いの言葉をたやすく飲み込む。
やはり私は間違っていない。この呪われた剣であの魔術師を滅し、
私こそが偉大なる魔術師として崇めたてられるのだ。
《LV4》
  • 紺碧の鋭刃?
《LV1》
海に囲まれた小さな島があった。
自然溢れる美しい島は人々がクラス静かな場所であり、かつて
大罪人が流され、そうして朽ちた場所でもあった。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 貴婦人の舞踊?
《LV1》
華美なドレスを着て、華奢な髪飾りをつけ、豪華な靴を履いて
鈴が鳴るような声で語り、たっぷりといたずらに微笑んで、
それからあの方へと少し距離を縮めて耳元で愛を囁くのです。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 理の審判?
《LV1》
十ノ刃「偽神ノ玉座」
其ノ威厳 神ノ如ク 鳴リ響カン
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • ヴィドフニルの刃根?
《LV1》
昔、この地に鶏の兄弟がいた。
兄は雄々しく力強い爪を持っていた。
弟は知性あふれる頭脳を持っていた。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
  • 天翔る碧風?
《LV1》
命尽きようとしている女がいた。
女は悪事に手を染めていたため、捕まり、拷問を受けた後
火あぶりにされる処刑を待つだけだった。
《LV2》

《LV3》

《LV4》
《LV1》
昔々ある所に、いつも一緒に遊ぶ三人の子どもがいました。
少年二人と少女が一人。少年のうち一人は庭師の弟子となり、
もう一人の少年は将校となり、少女は美しい娘に育ちました。

《LV2》
ある日娘は父を失い、貧困に窮(きゅう)した家を守るため、結婚する
ことになりました。相手は幼馴染(おさななじみ)の将校の青年です。
夫になった将校の青年は翌日戦地に赴(おもむ)くと決まっていました。

《LV3》
翌朝必ず戻ると笑った夫を見たのはそれが最初で最期でした。
一晩で未亡人となった娘は、窓から外を眺めていました。
彼女の心を慰(なぐさ)めたのは夫が残した美しい庭の景色でした。

LV4》
庭は季節や朝晩に応じて異なる景色を見せ、彼女を癒しました。
けれど彼女は庭を整え続けていたのが幼馴染の青年だとは
終(つい)ぞ知ることもなく、病で早逝(そういつ)したのでした。


《LV1》

《LV2》

《LV3》

《LV4》



コメント(0)
Twitter

コメント

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

掲示板

攻略ページ

  • アコールの依頼?
  • トロフィー?
主要人物
  • ウタウタイ
  • 使徒
  • ドラゴン
武器

その他

編集用テンプレ

更新履歴


Wikiメンバー

関連商品



ドラッグオンドラグーン3

ドラッグ オン ドラグーン3 公式ファーストガイド (SE-MOOK) [単行本(ソフトカバー)]

クロイウタ
藍井 エイル

This Silence Is Mine/あなたとSciencE [Single, Maxi]
鬼塚 ちひろ

画像をクリックすると商品ページにとびます。
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
ウェポンストーリー
未亡人の咎
最近の更新

2014/02/16 (日) 21:54

2014/01/22 (水) 10:42

2014/01/07 (火) 17:31

2014/01/07 (火) 17:28

2014/01/07 (火) 17:23

2014/01/07 (火) 17:11

2014/01/07 (火) 17:06

2014/01/07 (火) 17:00

2014/01/07 (火) 16:50

2014/01/07 (火) 16:26

2014/01/07 (火) 16:19

2014/01/07 (火) 16:06

2014/01/05 (日) 20:03

2014/01/04 (土) 07:38

2014/01/04 (土) 07:33

2013/12/31 (火) 16:44

2013/12/31 (火) 16:42

2013/12/31 (火) 16:19

2013/12/31 (火) 16:17

2013/12/31 (火) 16:03

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 消滅都市2 攻略まとめWiki
5 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
6 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
9 乖離性ミリオンアーサー攻略Wikiまとめ
10 CHUNITHM【チュウニズム】攻略wiki
注目記事
ポケ森 住民キャラ一覧 どうぶつの森 ポケットキャンプ
ウルトラサンムーン 新ポケモン一覧 ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
デスチャ リセマラランキング デスティニーチャイルド
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 オーバードライブ紅蓮2 白猫プロジェクト
アズールレーン 明石のお願い 暗号の場所 アズールレーン
デレステ イベント Trinity Field アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ミラクルニキ 風の谷の伝説 コーデ ミラクルニキ
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ